お勧めサイトご紹介

当財団が日本のものづくりに関わる方々のご参考になると思われるサイトをご紹介します。

■「地球に謙虚に」
この運動を呼び掛け、活動を進めておられる仲津氏は、様ざまな視点から今の日本人への提言を発信し続けておられます。折々に発信される「代表発信」に、皆様もご注目いただければと思います。 (奥嶋財団代表理事)



仲津英治1-1
 ↑画像をクリックしてください。


 平成14年4月に私は、「経済も文明も食料とエネルギーの賜物である」という考えから「地球に謙虚に」という本を著しました。その読者の方々からたくさんの共感・賛同の声を頂きました。
 そこで私は「地球にやさしく」という、いささか人間の尊大さを感じさせる言葉よりも、生命をいただいている「地球に感謝しながら、自分の周りの環境に謙虚に生き、周りの自然と調和して行く」スタンスを表す「地球に謙虚に」という言葉を広げて行きたいと思うようになりました。
 そして平成14年(2002)8月より、学生時代の友人、鎌倉国年氏に副代表になっていただき、私を含め、32名が呼びかけ人となり、「地球に謙虚に」運動を始めました。その後呼びかけ人は40名に増加しています。
(「地球に謙虚に」ホームページより)

次ページに続く(実際には1ページに入ります)

代表発信

ホームページの代表発信のページには、仲津英治氏の幅広い視点によるレポートや提言
が多数掲載されています。2017年には以下の内容が発信されています。
「日本文化を支える大工道具を拝見して」 2017/10/11
「親と子の理科工作教室」機械学科関西支部シニア会  2017/09/20
「社会主義の幻想と限界 実際の経験を踏まえて その2」  2017/08/11
「社会主義の幻想と限界 実際の経験を踏まえて その1」  2017/08/06
「社会主義の幻想と限界」 2017/07/18
「米国に自動車社会の限界を見る その2」 2017/06/02
「米国に自動車社会の限界を見る その1」 2017/05/15
「米国の小学校で「自然に学ぶ」をレクチュアー等」  2017/05/15
「職人とその製品(作品)を評価する日本の文化」 2017/02/27


「代表発信」レターのページはこちら



代表略歴


仲津英治1-2


仲津英治 平成23年(2011)4月現在

昭和19年(1944)11.16 大阪市生まれ
1972-74 西ドイツDAAD給費留学生としてBraunschweig工科大学に留学
2010.6 株式会社新大阪ステーションストア監査役を最後にJR西日本関係を含め、会社勤務を終える。
現在は「地球に謙虚に運動」代表ほか、NPO関係に多数所属


PAGE TOP