財団支援者等の活動

タイトル
昔年のものづくり人材育成を顧みて
担 当
松葉井 國造
       

 昨年よりメールマガジンを拝読するようになり、無倦常照新聞第11号のマツダ工業短大 石橋茂樹先生が示された「手仕上げ」の5つの真髄に感動しました。私が手仕上げの訓練を受けたのは75年前になりますが、89歳になった今でもその頃のことは鮮明に覚えています。当時と今の手仕上げ訓練の共通点と違いをお話しすることが、何かのご参考になればと考えました。また今後も気づいたこと、感じたことがあればお手紙を差し上げたいと思っています。


 

第1回 第六職工学校における手仕上げ実習

→第1回はこちらをクリック


筆者のプロフィールをご紹介
松葉井 國造 まつばい くにぞう
1928年生まれ、大阪府立第六職工学校卒業。大阪高等工業学校(現・大阪府立大学)卒業。木南車両株式会社、三宝造船所を経て、昭和理科工業研究所に勤務して間もなく、請われて教師となり大阪府立三島野高等学校工業科、大阪府立淀川工業高等学校機械工学科教諭として原動機等を教える。その後大阪府立茨木工業高等学校機械科教諭として教える。 松葉井1-01


PAGE TOP