財団支援者等の活動

タイトル
1/1000mmに迫る旅
担 当
酒出弘二
       

 私は日本のものづくりの真髄は1/1000mmの精度にあると常々考え、また関係する方々に呼び掛けています。
それは、日本の工業製品の高品質は1/1000mmの精度を追求する技能をベースに、設計から金型加工、生産設備にいたるまで、細部にまで気を配る態度から産まれていると信じているからです。かつてはドイツの技術教育に範を求め、また近頃は国内の優秀な企業や団体、個人、学校などがあるとわかれば、とにかく直接訪問して教えていただき、意見交換をすることを信条として今にいたります。
 このシリーズでは、そんな私がこの目で見聞きしてた傑出した事例の数々を、過去にもさかのぼってご紹介していければと考えています。


 

第1回 視察報告 充実した「仕上げ技術技能指導力向上講習会」


→第1回はこちらをクリック



第2回 視察報告 充実した「仕上げ技術技能指導力向上講習会」 その2


→第2回はこちらをクリック


第3回 全工協主催【夏季講習会】に参加して


→第3回はこちらをクリック


筆者のプロフィールをご紹介
酒出 弘二 さかいで こうじ
1939年生まれ、関西大学工学部機械工学科第二学科卒業。大阪工業大学工学部建築学科卒業。倉毛紡績株式会社研究室、平川鉄工所株式会社研究課、高園産業株式会社設計担当を経て、大阪府立工業高等学校機械工学科教諭として機械設計、機械製図、機械工作、計測制御、実習等を教える。現在は職業訓練指導員(機械科・製図)として活躍。 酒出1-01


PAGE TOP